痛風に牛乳がよいと言われる理由とは?

痛風と牛乳

痛風と牛乳痛風にかかると、薬による治療だけでなく、痛風の原因となるプリン体の摂取量を控え、尿酸値を基準値まで下げる食事療法が必要となります。

痛風に効果があるとされている食品は数々ありますが、その中の一つに牛乳があります。

 

牛乳はプリン体がゼロのため、痛風の人でも安心して毎日飲むことができます。

また、牛乳には腎臓からの尿酸の排出を促進する成分が含まれているため、飲むことによって体内の尿酸値を下げることができるそうです。

 

しかし、痛風に罹ってしまった人の中には、牛乳アレルギーやアトピーなどの疾患を持っているため牛乳を飲むのが難しい人もいるかと思います。

その場合は無理に飲んだりすることは避け、別のもので代替するようにしましょう。

 

また、牛乳がいいからと言って牛乳ばかりたくさん飲んでいると、栄養価が高いためカロリーオーバーになってしまう可能性もあります。

一つの食品に偏ることなく、栄養をバランスよく取りながら標準的な尿酸値へと近づけていくことが大切です。

さらに詳しくは下記のサイトを参考にしてみてくださいね。

参考サイト 痛風をコーヒーで予防できる?【まとめ】

ミノキシジル育毛剤を使う前に知っておきたいこと

-shared-img-thumb-OOK160217200I9A8991_TP_VAGAによる薄毛改善には、ミノキシジル育毛剤が効果的です。

世界中の薄毛で悩める人の救世主として発売されたミノキシジルですが、日本ではリアップのみ市販されていて、その他はAGAクリニックや薄毛外来など医師の処方のもと手に入れることができます。

薄毛の要因の一つとして、頭皮に密集している毛細血管の血流が悪化し、十分な栄養素や酸素が細部まで運ばれないということがあるのですが、ミノキシジルには血管拡張作用があるためそれまで届けられなかった必要要素がしっかりと届けられることから発毛育毛を促進すると言われています。

しかし、そんな育毛に役立つミノキシジルですが、メリットと同時にデメリットも知っておく必要があります。そのデメリットとは、ミノキシジル使用による副作用です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは医薬品のため、軽微ではありますが副作用があります。具体的には、頭皮の痒みや炎症、動悸、むくみ、多毛症などが挙げられますが、現れる症状や症状レベルは個人差が大きいところがあります。

もし市販のリアップなどを使用し、頭皮の痒みや炎症が発生して改善されない場合は、そのまま使い続けるのではなく一度使用を中止し、専門の医師に相談にいくことをおすすめします。

副作用のリスクを避けたい方は

どうしてもそういった副作用を避けたいという方は、副作用のない医薬部外品などの育毛剤を使うのもいいでしょう。人気どころでは、ポリピュア、チャップアップ、ブブカ、ルプルプ育毛剤などが挙げられます。

こういった育毛剤には効果はミノキシジルには及ばずとも副作用がないというメリットがあるので、体質によってうまく使い分けるといいでしょう。

あなたの抜け毛は大丈夫?AGAの兆候を簡単チェック

-shared-img-thumb-PAK93_otonarinokoebacchiri20140322_TP_V人間の髪は知らない間に抜けていて、健康な人でも一日に100本程度の抜け毛は普通です。しかし、薄毛が少しでも気になりはじめると、今までは気にならなかったお風呂の排水溝などの抜け毛の束を見て、このままではヤバイ・・・と不安になってしまう方も多いでしょう。

しかし、髪の毛にはヘアサイクルという毛周期があり、古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えてくるのは当たり前です。単純に言えば、100本抜けたとしても新しく100本生えてくるのであれば全体量は変わらないわけであり、普通はそこまで気にする必要はありません。

AGAの兆しをチェック

しかし、AGA(男性型脱毛症)が進行すると、一日に200本300本と通常より抜け毛が多くなったり、次の新しい毛が以前の毛よりも細く寿命が短くなるため、髪全体のボリュームが低下して、しだいに太くて黒い髪の毛も減ってきて、だんだんと地肌があらわになってきます。

 

そうならないためにも、できるだけ早期の対応が大事です。まずは日頃の抜け毛から、自分の危険度をチェックしておくことをおすすめします。一日に抜けた毛を全部拾って集めて、何本くらい抜けているのか?抜けている毛はどんな毛なのか?このあたりを調べてみましょう。

こんな抜け毛が多い人は要注意!

毛先が細く、尖っている数センチくらいの短い毛が多い人は注意が必要です。これは短小毛と言われる毛で、通常はもっと育つはずだった成長期の毛髪が、退行期に入ってしまい休止期に入って抜けてしまっている、いわば寿命が短くなっている毛です。これがさらに進行するとどんどん髪の寿命が短くなり軟毛化していくので、回復の見込みも少なくなります。

若ハゲ対策

薄毛になりやすい人の80%がもつ共通点

2016y04m17d_122130151

ある調査によると薄毛になりやすい人の約80%が神経質タイプだったといわれています。その関係は毛髪が感情の動きに大変敏感に反応するためです。

 

怒れば毛が逆立つように精神的な苦悩や緊張感が長引くと毛乳頭に通っている毛細血管が萎縮して栄養不足状態になったり、皮膚の免疫力が落ち毛根の活性も低下してしまいます。すると髪の毛の生産も低下してしまうというわけです。

 

この感情の動きというのは自律神経の働きのことで、髪の毛を養っている毛細血管は交感神経の刺激によって萎縮して血行が悪くなるのに対し、副交感神経が刺激されると血管が拡張されて血行が良くなるようです。

 

髪が夜作られると言われますが、これは毛細血管の血流の変化が自律神経に左右されていることが基になっています。つまり髪の毛を養っている毛細血管が拡張される時間帯は夜なのです。

 

人間の自然なリズムの中ではゆっくりとする副交感神経が刺激される時間帯は午後10時~午前2時の間で、同じ4時間を眠るのであれば午前2時から6時まで眠るよりも、この時間に睡眠をとって体を休めることが髪の毛の為、ひいては健康のためになります。

まとめ

薄毛にならない為にも、出来るだけ神経質になることを避け、髪の毛が育つ夜にはしっかりと睡眠をとることが生活習慣を改善するうえで必要なことと言えます。後は、育毛剤のフィンジア 口コミを使用すれば更に薄毛になる可能性は下がると思います。