痛風に牛乳がよいと言われる理由とは?

痛風と牛乳

痛風と牛乳痛風にかかると、薬による治療だけでなく、痛風の原因となるプリン体の摂取量を控え、尿酸値を基準値まで下げる食事療法が必要となります。

痛風に効果があるとされている食品は数々ありますが、その中の一つに牛乳があります。

 

牛乳はプリン体がゼロのため、痛風の人でも安心して毎日飲むことができます。

また、牛乳には腎臓からの尿酸の排出を促進する成分が含まれているため、飲むことによって体内の尿酸値を下げることができるそうです。

 

しかし、痛風に罹ってしまった人の中には、牛乳アレルギーやアトピーなどの疾患を持っているため牛乳を飲むのが難しい人もいるかと思います。

その場合は無理に飲んだりすることは避け、別のもので代替するようにしましょう。

 

また、牛乳がいいからと言って牛乳ばかりたくさん飲んでいると、栄養価が高いためカロリーオーバーになってしまう可能性もあります。

一つの食品に偏ることなく、栄養をバランスよく取りながら標準的な尿酸値へと近づけていくことが大切です。

さらに詳しくは下記のサイトを参考にしてみてくださいね。

参考サイト 痛風をコーヒーで予防できる?【まとめ】

コメントを残す