アンファーの予防の医学という考え方に疑問

2017y08m03d_220845915

日本で最も売れているスカルプケアシャンプーのスカルプd。そのスカルプdを販売しているメーカーがアンファーというメーカーです。ほんの10年ほど前までは全然知らなかったアンファーというメーカーですが、最近ではテレビcmもバンバン見るようになりました。

そして、ここ最近のアンファーのキャッチフレーズが「予防の医学」です。そして、私はこの予防の医学という言葉にかなり疑問を感じます。なぜなら、アンファーが販売しているスカルプdは元々は育毛効果があるかのように販売していたからです。

それは、皆さんも記憶に残っているテレビcmだと思うのですが雨上がり決死隊の宮迫さんがケーボーボープロジェクトというプロジェクトを立ち上げてスカルプdを使って薄毛を改善するという企画でした。でも、実際にはスカルプdの効果で薄毛が改善したわけではなく、それと並行して行われたagaクリニックの効果だったのです。

そうやって、数年前は消費者をあたかも騙すかのようなテレビcmをバンバン放映してスカルプシャンプー人気ナンバー1の地位にまで上り詰めたくせに、今はその過去を消し去るかのように全く真逆の「予防の医学」。

おそらく、あそこまで会社が有名で大きくなったからコンプライアンス的な部分も厳しくなった体とは思うのですが、それであれば昔の育毛効果があるかのようなイメージを払拭してほしいものですね。だから、私はスカルプdは絶対にオススメしません。もし、スカルプdを使うならプレミアムブラックシャンプーが良いですね。